Animal Welfare

 

 

地球上の動物の中には、人間の利益のために動物本来の特性や行動、寿命などを

大きく規制されているもの(産業動物など)が多く存在します。

こうした利用を認めつつも、それぞれ動物たちが感じる苦痛の回避や除去などに

極力配慮しようとする考え、それが「アニマルウェルフェア」です。

 

 

「 アニマルウェルフェア 5つの自由 」

 

1.飢えおよび渇きからの自由(給餌・給水の確保)

 

2.不快からの自由(適切な飼育環境の供給)

 

3.苦痛、損傷、疾病からの自由(予防・診断・治療の適用)

 

4.恐怖および苦悩からの自由(適切な取扱い)

 

5.正常な行動発現の自由(適切な空間・刺激・仲間の存在)

 

 

先進的に取り組んでいる欧州では上記の「5つの自由」を中心にEU指令として

アニマルウェルフェアに基づく飼養管理の方法が規定されています。

日本国内では、JLA(公益社団法人 畜産技術協会)などによって

アニマルウェルフェアの向上を目指した取り組みが各地で行われています。

 

 

INOUE EGG FARM では、平飼い(鶏舎内で放し飼い)を通して、

常日頃から鶏の健康、鶏のストレス軽減を考えた飼育を行っています。

 

「 鶏を思って、卵を思う。 」

 

この思いは昔から何一つ変わっていません。

人間の食文化と共に生きている産業動物。

だからと言って、人間本位に扱うのは喜ばしいことではないと考えています。

何故なら動物たちは人間の道具ではなく、命ある生き物ですから。

 

 

 

 

 

INOUE EGG FARM は、アニマルウェルフェアの精神に賛同しています。